誰も書かなかった整体学―現代を、生き抜くための整体論

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

誰も書かなかった整体学―現代を、生き抜くための整体論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883924097
  • NDC分類 492.7
  • Cコード C0047

内容説明

まったく違う視点に立って人の「からだ」を見たときに、本当の自分の「からだ」が見えてくる。「からだ」は、腰を中心とした一つの連動体。すべては連動して全体を構成し、全体は部分部分と連動しているのです。「こころ」は「からだの動き」と連動し、「からだ」は「こころの方向性」と連動しているのです。「体構造の連動」を知れば、身体に対する新たなアプローチの方法が見えてくる。今まで誰も書かなかった画期的「身体構造改革論」。

目次

第1章 理論篇―連動とは何か(腰について;腹について;下肢、足について;頭部について;腕、手について)
第2章 体操篇
第3章 整体雑考―体は記憶する

著者等紹介

宮川真人[ミヤガワマコト]
1962年(昭和37年)東京・新宿区生まれ。早稲田大学第二文学部東洋文化専修卒業。「身体論の構築と、自らの実践による証明」はライフワーク。その研究の一環として、1998年、整体の施術所を東京・代々木八幡に開設。現在、整体・健昴会(宮川整体代々木公園室)代表
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。