三島事件その心的基層

個数:
  • ポイントキャンペーン

三島事件その心的基層

  • 安岡 真【著】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 石風社(2020/11発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)※店舗受取は対象外です。
  • ポイント 125pt
  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年11月29日 22時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 333p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883442980
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

徴兵検査第二乙種合格二十歳の平岡公威=三島は、兵庫で入隊検査を受ける。風邪気味だった三島を若き軍医は肺湿潤と誤診。三島が入隊すべき聯隊は、その後フィリピンで多くの戦死者を出したと、三島は終生思い込んだ。三島事件から五十年、その深層を読み解く。

目次

序章 「仮面」の告白(発端;事件 ほか)
第2章 「太陽に乾杯」―三島由紀夫の生の「欲動」(旅;アメリカの土 ほか)
第3章 ローマへ―「聖セバスチャン」のアイコノグラフィー(廃墟;直感 ほか)
第4章 『金閣寺』の構造分析(青年将校;炎上 ほか)
最終章 『豊饒の海』について(崩壊;消尽 ほか)

著者等紹介

安岡真[ヤスオカマコト]
翻訳家・文芸評論家。1956年、神奈川県生まれ。法政大学社会学部卒業。トルーマン州立大学大学院社会学研究科社会科教育学課程修了。社会学修士。現在、東京国際大学人間社会学部准教授。専門は比較文学、アメリカ大衆文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。