佐賀の明日を希(ねが)って―一保健所長の回想記

個数:

佐賀の明日を希(ねが)って―一保健所長の回想記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 05時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784883442539
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

郷土佐賀の明日をともに考えるために。生涯を保健医療に捧げ郷土の歴史を愛する一医師が、吉野ヶ里遺跡保存と脱原発への思いをくりかえし訴える。

目次

医師として、四季折々に思う
吉野ヶ里(七田先生、吉野ヶ里が国営公園に決まりました。;吉野ヶ里と徐福 ほか)
原発(安全神話に踊らされて;プルサーマルは地獄の劫火 ほか)
わが郷土、佐賀(佐賀を語る;佐賀から世界へ ほか)
良き人々に感謝

著者等紹介

太田記代子[オオタキヨコ]
瀋陽(旧奉天)で生まれる。久留米大学医学部卒業。九州大学医学部第一内科入局後、小児科転入局。昭和42年、福岡市博多保健所。昭和49~51年、在ニューヨーク。昭和51~59年、愛媛県松山中央保健所。昭和59年~平成13年、佐賀県内の保健所長を歴任。平成13~15年、ロザリオの園老人施設の嘱託医。平成15~23年、佐賀県議会議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。