ぼくらはひとつ空の下―シリア内戦最激戦地アレッポの日本語学生たちの1800日

個数:

ぼくらはひとつ空の下―シリア内戦最激戦地アレッポの日本語学生たちの1800日

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 18時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 168p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883035335
  • NDC分類 810.7
  • Cコード C0098

内容説明

シリア内戦10年「今世紀最悪の人道危機」、自分の命もいつ絶たれるか分からない日々のなか、かれらは“日本語”を学びつづけた!過酷な戦火のもと、なぜ学生たちは彼方の地のことばを学びつづけたのか?シリアと日本を結ぶ人々が届ける友情の物語/メッセージ。

目次

第1章 アレッポ生まれのわたしと日本語との出会い
第2章 アレッポ大学学術交流日本センター
第3章 内戦のはじまり
第4章 戦場となったアレッポ
第5章 日本センターの奮闘
第6章 戦火のなかのジャパンフェア

著者等紹介

優人[ユウト]
アフマド・アスレ。1991年、シリア・アラブ共和国アレッポ生まれ。アレッポ大学経済学部卒。同大学術交流日本センターにてボランティアスタッフを務め、学生への日本語教育や部活動の指導、ジャパンフェアの企画運営をはじめ中心的役割を担う。学業、家業、赤新月社、UNICEF、UNHCRでのボランティア活動など多彩な場で活躍するとともに、戦争で深い傷を負った祖国の復興のため、日本に留学し、日本の戦後復興や中小企業経営について学ぶことを志している

小澤祥子[オザワサチコ]
1980年生まれ。東京外国語大学アラビア語専攻卒。2005~06年シリア留学。編集者として活動するかたわら、留学中に知りあった中東・コーカサスの人びととの交流をつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わかば

2
シリア内戦のなかでも、日本語を勉強し続けることに希望を見出しその毎日を日本語で綴った奇跡のような本。こんなにも日本に思いを馳せ、日本語を勉強している人がシリアにいることを日本人はどのくらい知っているだろうかと思う。ぜひ手にとって読んでもらいたい。また、戦争下であっても、学びを止めないこと。そうやって希望をつなぐことがどういうことなのか考えさせられるとともに勇気を与えられた。この本を作ってくださったことに感謝したい。2021/09/11

冬将軍

1
シリア紛争が始まってから11年。今も多数の難民、国内避難民(IDP)が帰還できないまま、国際的な理解も乏しい(体制批判から欧米諸国、アラブ湾岸諸国、トルコが未だに制裁を続けている)せいもあって復興が遅々としている。そんな中で日本に憧れを抱き、平和を希求するアレッポの一般(一般と呼ぶにはあまりにも志の高い優秀な)市民の記録。現在進行中のウクライナ情勢の行方を思わずにはいられない。2022/05/16

えいこさん

1
「学ぶ」ってなんだろうな〜。人にとっての「学び」を、根っこの部分から考え直したい。2021/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18374344
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。