作品とコンテクスト<br> ウィーン創世記―絵で読む聖書の物語

個数:
  • ポイントキャンペーン

作品とコンテクスト
ウィーン創世記―絵で読む聖書の物語

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 152p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883030507
  • NDC分類 193.211
  • Cコード C0071

出版社内容情報

絵に描かれた物語を「読み解く」とはいかなる行為なのか? 6世紀に制作されたこの装飾写本にみられる、同一画面に同じ人物を複数描く手法への美術史家たちのアプローチから、美術史学のながれをたどる。

内容説明

ウィーン国立図書館に所蔵されることから『ウィーン創世記』と呼ばれる、旧約聖書「創世記」を描いた写本は、紀元後6世紀ころに制作された、現存する数少ない挿絵冊子本の一つである。ここには、同じ一人の人物がなんどもくりかえし一つの場面のなかに登場するという奇妙な描き方が用いられている。この描写は、美術研究者たちを悩ませると同時に、発想の源にもなってきた。絵を見ることのプロである彼らは、この絵による物語の描写をいかに読み、位置づけてきたのか。そのながれをたどる。

目次

序論 「絵を読むこと」のむずかしさについて
第1章 モデルケース―古代の奇妙な橋の上で展開される、動きにみちた聖書の場面
第2章 さまざまな視点―見ることの専門家たちと「ものの見方の歴史」
第3章 時間のとらえ方―意識の流れにそって続く岸辺の光景と「連続する様式」
第4章 境界を越えること―「絵で読む文学」における継起的なものの共存
第5章 像を思い浮かべる能力―受動的な網膜印象から能動的な像の思考へ
第6章 画面を分解すること―切の抜きと合体 イコノグラフィーによるコラージュの解体
第7章 全体をふりかえって―感度を高めた「美術史学」の可能性と目標

著者等紹介

クラウスベルク,カルル[Clausberg,Karl]
1938年、アイゼナハ生まれ。ハンブルク、ロンドンで学び、ウィーンで教授資格取得。1991年からリューネブルク大学で、美術史の教授。すでにこれまでの著作でも、中世の装飾写本を扱いながら、美術史の枠を越えて科学や宇宙観も含めた幅広い文化的な視点からの解釈を実践している。ほかに、技術史に関する著作や、ロシアフォルマリズム、チェコ構造主義とウィーン学派との関係を論じた論文などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。