階級!―社会認識の概念装置

個数:

階級!―社会認識の概念装置

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月21日 23時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 286,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784882028611
  • NDC分類 361.8
  • Cコード C0030

内容説明

経済不安のなか、人々の間に貧富の差や社会的階層の亀裂が影を落とし始めている。その事態を真に理解するための現実を暴く概念装置を古典の読みと現状を踏まえ提起する野心作。

目次

階級論の復位
第1部 現代日本における階級の発見(労働者階級の発見;資本家階級の発見;中間階級の発見)
第2部 階級論の古典的伝統(マルクスにおける階級の概念;ヴェーバーにおける階級の概念)

著者等紹介

渡辺雅男[ワタナベマサオ]
1979年、一橋大学社会学研究科博士課程単位取得。現在、一橋大学社会学研究科教授、社会学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

グローバル化の中で「階級」という古典的概念の復権は可能か? 経済不安のなか、人々の間に貧富の差や社会的階層の亀裂が影を落とし始めている。その事態を真に理解するための現実を暴く概念装置を古典の読みと現状を踏まえ提起する野心作。
収録内容
まえがき――グローバリゼーションの中の階級
序 章 階級論の復位
第1部 現代日本における階級の発見
第一章 労働者階級の発見
第二章 資本家階級の発見
第三章 中間階級の発見
第2部 階級論の古典的伝統
第四章 マルクスにおける階級の概念
第五章 ヴェーバーにおける階級の概念