松柏社叢書言語科学の冒険<br> ポスト・モダンのD.H.ロレンス

個数:

松柏社叢書言語科学の冒険
ポスト・モダンのD.H.ロレンス

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 470p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784881988688
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C3398

内容説明

新たなD.H.ロレンス像に迫る刺激的な試み!フーコー、デリダ、ド・マン、イーグルトンなどの理論を用いた瞠目すべきロレンスの再=読解を試みる。フェミニズム、マルクス主義からポスト構造主義まで、20世紀後半の様々な批評理論を具体的に実践。21世紀へ向け、文学の読み方への新たな指針を示す。

目次

1 序説 ポスト・モダンのD.H.ロレンス
2 テクストとイデオロギー
3 D・H・ロレンスと階級
4 リアリズムからイデオロギーへの移行
5 精神分析
6 性の政治学
7 ロレンス、フェミニズム、戦争
8 象徴としての父親そしてリーダーシップという理想
9 ロレンスとフーコー、セクシュアリティの言語
10 釘づけのまま歩み去るには―『恋する女たち』の読解について
11 『恋する女たち』における無の力
12 ロゴス中心主義に立ち向かうD・H・ロレンスのヴィジョン
13 読みのコンテクスト―『虹』と『恋する女たち』の受容
14 北方性とモダニズム