大原美術館の誕生―画家児島虎次郎の想いと建築家薬師寺主計の思い

個数:

大原美術館の誕生―画家児島虎次郎の想いと建築家薬師寺主計の思い

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月28日 04時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 149p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784881977330
  • NDC分類 706.9
  • Cコード C0052

内容説明

世界的な建築家ル・コルビュジエを見抜き倉敷の町を創った建築家の偉業を紹介。知られざる大原美術館の誕生史。

目次

第1部 美術館建設への児島虎次郎の想い(大原孫三郎との出会い;児島虎次郎の偉業;児島虎次郎が造り上げた無為堂 ほか)
第2部 大原美術館を設計した薬師寺主計の思い(薬師寺主計の生涯;薬師寺主計の倉敷における建築活動;倉敷絹織の経営者になる ほか)
第3部 知られざる大原美術館の建築(大原美術館の名前の誕生;大原美術館の建築工事について;環境に優しい設計思想 ほか)
終部 宇垣一成を頼って倉敷を去る

著者等紹介

上田恭嗣[ウエダヤスツグ]
1951年三重県に生まれる。京都工芸繊維大学大学院工芸学研究科建築工芸学専攻修了、博士(学術)・一級建築士。現職、ノートルダム清心女子大学教授。専門は近代建築史・住居学。日本建築学会中国支部常議員、岡山県建築士会理事、日本建築家協会会員、岡山市景観審議会委員、倉敷市伝統的建造物群保存審議会委員、総社市建築審査会会長等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。