エロゲー文化研究概論

個数:

エロゲー文化研究概論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月19日 08時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784881818299
  • NDC分類 797.9
  • Cコード C1036

内容説明

国産エロゲー誕生からおよそ30年。1980年代、8ビット機パソコンから幕を開けたエロゲーの歴史と名作たちを当時の世相や時事問題をまじえながら解説する。黎明期、あの有名ゲームメーカーが作っていたエロゲーの内容とは?8ビット機、16ビット機、Windowsといったパソコンの進化がエロゲーに与えた影響は?現在に至るエロゲー30年の軌跡を振り返る。

目次

エロゲー誕生前夜―「遊び+エロ」と「エロい遊び」
一九八〇年~一九八四年―エロゲー黎明期:一九八〇年代前半
一九八五年~一九八九年―巨頭らのうぶ声:一九八〇年代後半
一九九〇年~一九九四年―嵐の中で輝いて:一九九〇年代前半
一九九五年~一九九九年―エロゲー新世代:一九九〇年代後半
二〇〇〇年~二〇〇四年―爛熟するエロゲー、そして…:二〇〇〇年代前半
二〇〇五年~二〇〇九年―それでもなお、エロゲーは…:二〇〇〇年代後半
二〇一〇年~二〇一二年―エロゲーのかたち:二〇一〇~現在

著者等紹介

宮本直毅[ミヤモトナオキ]
「みやも」のペンネームで活躍しているフリーライター、ブロガー。アニメやマンガなど二次元メディア全般について執筆し、アダルトゲーム関連を主分野とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。