EM‐XとEM塩(蘇生海塩)によるいのちの蘇生力―EM臨床医学が創造する驚異の医療効果とは

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 270p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784881503515
  • NDC分類 491.4

内容説明

EM‐Xはなぜ体に効くのか?EM蘇生海塩は塩ではなく、“薬”なのか?がん、糖尿病をはじめ、数々の難病を革命的に克服するEM臨床医療の決定版、登場!医学博士・田中茂の愛情あふれる臨床例が満載。

目次

第1章 EM‐Xは体にどのような作用と効果をもたらすのか
第2章 免疫系を強化するがんの予防法と治療法
第3章 消えた痛み、治るがん、癒される病い―いのちの蘇生力
第4章 EM‐X、EM蘇生海塩で血液サラサラ
第5章 蘇る禿頭、そして素肌への温浴効果
第6章 EM‐XとEM蘇生海塩における臨床経過報告
第7章 EM蘇生海塩とその効果

著者紹介

田中茂[タナカシゲル]
医学博士。財団法人関東福祉会・朝霞厚生病院理事長。EM‐X予防医学研究所所長。社会福祉法人三芳厚生福祉会理事長。ボリビア国サンアンドレー大学医学部名誉教授。前和光市長。1925年12月福岡県生まれ。清水高等商船学校(現・東京商船大学)を経て、50年慶応義塾大学医学部専門部を卒業。51年医師国家試験合格。埼玉県和光市にて田中医院を開業。60年慶応義塾大学医学部より大脳生理学の研究により、博士号を受ける。35歳のとき、慶応義塾大学医学部南米医療調査団を率いて、南米をはじめ世界一周。62年から84年まで朝霞地区医師会会長を11期22年務める。社会福祉法人三芳厚生福祉会・特別養護老人ホームみよし園理事長。医療・福祉施設の充実に邁進しつつ、89年和光市長に就任、連続3期12年務め、2001年5月退任。比嘉教授のEM技術を医学分野に応用、多大な成果を収めている。ほとんど毎日、患者との詳細な電話診断、直接診断にあたっている