季節の生きもの観察手帖―自然を楽しむ二十四節気・七十二候

個数:

季節の生きもの観察手帖―自然を楽しむ二十四節気・七十二候

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年08月15日 01時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 219p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784881371923
  • NDC分類 460.7
  • Cコード C0645

内容説明

草・木・鳥・虫…季節の自然・生き物をまるごと観察。日々の暮らしに新鮮な発見や、驚きと感動が生まれる。写真と解説付きで、知的好奇心を満たす情報が満載。観察記録を書き込むことができて、自分だけの観察手帖づくりを楽しめる。これから自然観察をはじめてみようという方にも、最適なガイドブック。自然観察の楽しさを共有したい方へのプレゼントにも最適。

目次

春(立春“鳥たちの恋の季節”―東風凍を解く、黄鴬〓〓(な)く、魚氷を上る
雨水“つくしとスギナ”―土脉潤い起こる、霞始めて靆く、草木萌え動る ほか)
夏(立夏“クモの合戦”―蛙始めて鳴く、蚯蚓出ずる、竹笋生ず;小満“ツバメの子育て”―蚕起きて桑を食む、紅花栄う、麦秋至る ほか)
秋(霜降“セイタカアワダチソウ”―霜始めて降る、霎時施す、楓蔦黄ばむ;寒露“ジョロウグモの網の観察”―鴻雁来る、菊花開く、蟋蟀戸に在り ほか)
冬(大寒“ニホンアカガエル、産卵のはじまり”―款冬華さく、水沢腹く堅し、鶏始めて乳す;小寒“春の七草”―芹乃栄う、水泉動く、雉始めて〓(な)く ほか)

出版社内容情報

この観察手帖であなたの世界が変わる!二十四節気・七十二候を追いながら、植物・鳥・虫などを写真で紹介。読者の観察も書き込めますこの観察手帖であなたの世界が変わる! 

●草・木・虫・鳥…季節の自然・生きものをまるごと観察。  

●自然を観察することで、日々の暮らしに新鮮な発見や、驚きと感動が生まれます。 

●写真と解説付きで、知的好奇心を満たす情報が満載です。 

●これから自然観察をはじめてみようという方にも、最適なガイドブックです。 

●観察記録を書き込むことができて、自分だけの観察手帖づくりを楽しめます。 

●二十四節気:おすすめ観察テーマ、七十二候:日々の生物情報とミニ図鑑、という2部構成です。 

●季語と関係が深く、俳句に役立ちます。 

●カバーはリバーシブルでご利用いただけます。 

●プレゼントに最適。何月からでも使い始められます。 

春 
立春・鳥たちの恋の季節 
雨水・つくしとスギナ 
啓蟄・モンシロチョウの羽化 
春分・オドリコソウとヒメオドリコソウ 
清明・カラスノエンドウとアブラムシとテントウムシ 
穀雨・春の妖精、ヒメギフチョウの季節 
 
夏 
立夏・クモの合戦 
小満・ツバメの子育て 
芒種・ホタルの話 
夏至・エノコログサ 
小暑・セミの羽化と産卵 
大暑・トンボは眼の付き方が目の付けどころ 
 
秋 
立秋・つる植物を観よう 
処暑・秋に鳴く虫 
白露・モズの高鳴き 
秋分・不思議にみちたヒガンバナ 
寒露・ジョロウグモの網の観察 
霜降・セイタカアワダチソウ 
 
冬 
立冬・ツバキ・サガンカの花と鳥や虫との関係 
小雪・ムササビの観察 
大雪・春を待てない雑草 
冬至・昆虫の越冬を観よう 
小寒・春の七草 
大寒・ニホンアカガエル、産卵のはじまり 
 
資料 首都圏観察地ガイド、自然観察大学と観察地ガイド 

NPO法人自然観察大学[シゼンカンサツダイガク]
自然観察大学は「楽しみながら自然観察の視点を身につけよう」という目的のNPO法人です。