防除ハンドブック<br> 花の病害虫―防除ハンドブック

個数:

防除ハンドブック
花の病害虫―防除ハンドブック

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月23日 17時35分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 63p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784881371183
  • NDC分類 627.18
  • Cコード C2045

内容説明

花や花木は野菜と同じように種類や栽培地域、季節によりさまざまな病害虫が発生します。初期発生を見逃すと株絶えしたり、葉が枯れたり、開花しなかったり、開花しても異常花弁が現われるなどの被害が発生します。病害はさび病や半身萎凋病、うどんこ病、疫病、菌核病等の共通病害、そして黒星病、褐班病や根腐病などのように葉や根などの部位別病害に写真とともに解説しました。害虫では虫の大きさ別にハダニ類、アザミウマ類、アブラムシ類、コナジラミ類などのような微小昆虫、そしてチョウやガ類、コガネムシ類などの大型昆虫に分けて写真とともに解説しました。野外でよく見かける天敵昆虫についても解説しました。このハンドブックは花や一部花木にどのような病害虫が発生しているかを栽培前に知るとともに、栽培中の病害虫については被害状況や生態の写真と解説から種類を知り、適切な防除法を判断していただくために作成しました。

目次

病害(共通病害;部位別病害)
害虫(ハダニ類;ケナガコナダニ類;ホコリダニ類;アザミウマ類;アブラムシ類 ほか)

著者等紹介

堀江博道[ホリエヒロミチ]
東京都農林総合研究センター安全環境科

竹内浩二[タケウチコウジ]
東京都農林総合研究センター安全環境科(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。