過労自死の社会学―その原因条件と発生メカニズム

個数:

過労自死の社会学―その原因条件と発生メカニズム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月16日 15時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 209p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784881253243
  • NDC分類 366.99
  • Cコード C3036

出版社内容情報

過労自死の特徴とはどのようなものか、なぜ人は仕事との関わりの中で命を絶つに至るのか。判例をデータ化した比較分析とケーススタディにより過労自死を考察する。

目次

序章 社会状態の指標としての自死

第Ⅰ部 過労自死の背景と研究課題
第1章 日本の自死動向と過労自死の位置づけ
第2章 過労自死の社会問題化と課題

第Ⅱ部 過労自死に特有の原因条件の分析
第3章 過労死と過労自死を分かつ原因条件
第4章 2つの原因条件が経験されるプロセスと心理的影響(事例分析Ⅰ)
第5章 判例以外の事例を用いた検討(事例分析Ⅱ)
終章 結論と課題

付録 質的比較分析(第3章)による分析結果の頑健性の確認

目次

社会状態の指標としての自死
第1部 過労自死の背景と研究課題(日本の自死動向と過労自死の位置づけ;過労自死の社会問題化と課題)
第2部 過労自死に特有の原因条件の分析(過労死と過労自死を分かつ原因条件;2つの原因条件が経験されるプロセスと心理的影響(事例分析1)
判例以外の事例を用いた検討(事例分析2))
結論と課題
付録 質的比較分析(第3章)による分析結果の頑健性の確認

著者等紹介

小森田龍生[コモリダタツオ]
1984年生まれ。専修大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程修了。博士(社会学)。専門社会調査士。専修大学社会知性開発研究センター/情報通信研究センターリサーチアシスタント(2012年~2013年)。専修大学および名古屋学院大学兼任講師(2016年~)。学習院大学国際研究教育機構PD共同研究員(2017年~)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カモメ

4
今まで過労死と過労自殺が分けて考えられてこなかったが、過労自殺特有の発生原因を明らかにする事で適切な予防・対策ができるのではという問題意識のもと、事例を元に分析されています。過労死と比較して過労自殺は「人間関係上の問題」「ノルマの未達成」が生じており「負担感の知覚」「所属感の減弱」により自殺に至るそうです。過労自殺に焦点をあてた研究という事で貴重な研究だと思いました。人間関係上の問題等その職場それぞれに依る問題点については、各々の事例を通して考えていかなければ把握・介入が難しいと感じました。2018/09/07

Kenji Suzuya

1
過労死と区別されずに扱われがちな過労自殺について、実例の遺族へのインタビュー及び労働判例を基にして要因を分析したもの。主要な要因として「ノルマの未達成」と「人間関係の悪化」があり、双方が生じていることが最も過労自殺の要因としてもっともらしいとする。実践的には、これらがどのように生じるのか/どのよう防ぎうるのかを考える必要があり、職場から逃げられない原因のひとつとして本書でも指摘された「代替のきかなさ」は見逃せない。2019/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12766187

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。