看護職の社会学

個数:

看護職の社会学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 18時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 243p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784881251836
  • NDC分類 498.14
  • Cコード C3036

内容説明

ハビトゥスからジェンダー論まで。修道士もおこなっていた看護がいつか母性という評価にすり替り、そこに「女性」がとりのこされた理由を、ブルデュー理論と、フランス社会史を遡行しながら探る。

目次

序章 問題の所在と看護の「場」
第1章 看護の担い手(キリスト教と看護;女性と看護の結びつき)
第2章 看護の医療化(伝統的な「医」;革命後の変化とライシザシオン;「医」と身体をめぐる変化;世俗化と女性労働)
第3章 看護の職業化(ライシテと看護;看護の職業化への道―acte hospitalier「もてなし」からprofession「職業」へ;女性の適正と看護)
第4章 看護のジェンダー化(看護は女の仕事か;現代における看護―生まれついてか、選び取ってか)

著者等紹介

佐藤典子[サトウノリコ]
慶應義塾大学文学部卒、お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修了、同大大学院人間文化研究科単位取得退学。日本学術振興会特別研究員(DCおよびPD)在籍中にパリ社会科学高等研究院(EHESS)に留学、現在、慶應義塾大学文学部、お茶の水女子大学文教育学部ほか非常勤講師、東京大学医学系研究科客員研究員。社会科学博士(お茶の水女子大学)。専門は、医療・看護、家族の社会学、日仏比較研究、フランス思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぷほは

7
前半は看護職が世俗化していくプロセスを追ったフーコー風の社会史、後半はブルデューによるジェンダー論風の読み解きといった構成。後者はブルデュー自身の単純明快ではあるがいささかお粗末な道具立てによって大したことは言えていないが、前半は著者の調べてきた事象がクリアに示されている。看護といえば英ナイチンゲールという方向ではなく、仏社会の中で描かれる職業化の経緯は、例えば19世紀末に至っては日本さえ手本とされていたなどの興味深いエピソードが多く、また例の東京医科大の入試問題を想起するようなアクチュアリティもあった。2018/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1079017

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。