明治憲法―その独逸との隔たり

明治憲法―その独逸との隔たり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784881251089
  • NDC分類 323.13
  • Cコード C1021

目次

序章 比較の中の明治憲法
2章 明治憲法とドイツ主義の受容
3章 独自性への回帰―「国体」の論理
4章 立憲君主制の本質
5章 憲法を支える官吏の義務
終章 明治憲法体制の中のドイツ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

denz

1
ありそうでない大日本帝国憲法とプロイセン憲法の比較研究。十九世紀のヨーロッパの憲法史およびドイツの憲法学説史、そして日本の憲法学説史を知るには便利な本だが、肝心の表題の「隔たり」について、明瞭でない印象。おそらくプロイセン憲法は曲がりなりにも制定に議会が関わっている点で、欽定といっても君主に対しても贈られており、また憲法内に君主を置くが、帝国憲法は欽定憲法あっての議会であり、「國體」という法的解釈が可能かどうか議論が分かれるものがあり、また大臣責任も副署よりも輔弼を重視している点で特殊ということか。2012/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2162943

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。