白洲次郎の嘘―日本の属国化を背負った売国者「ジョン」

個数:

白洲次郎の嘘―日本の属国化を背負った売国者「ジョン」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月19日 23時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 355p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784880863092
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0030

内容説明

「日本のプリンシプル」の虚言と我欲に塗れた実像。誰がどんな思惑で、このウソツキ野郎を礼讃するのか。

目次

第1章 白洲次郎の不思議な青春
第2章 ジャーディン・マセソンに狙われ続けた日本
第3章 ヨハンセン・グループと白洲次郎
第4章 虚言に飾られた白洲次郎の人生
第5章 新憲法制定と公職追放での白洲工作
第6章 白洲次郎のダーティーな金脈
第7章 売国者ジョン・ジローの落日

著者等紹介

鬼塚英昭[オニズカヒデアキ]
1938年、大分県別府市生まれ。国定教科書や御用学者・お追従史家、広告代理店隷属の既得権マスコミ各社が流布する日本の歴史に疑義を抱いてタブーに挑み、国内外の膨大な史料を渉猟して常識を覆す数々の発見を繰り返している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

憧れの日本人として礼賛される白洲次郎、その大嘘の数々を暴く!
誰がこの売国者を英雄に仕立てたのか?、そしてその狙いは?

【著者紹介】鬼塚英昭

1938年大分県別府市生まれ。現在も同市に在住。国定教科書や御用学者・お追従史家、広告代理店隷属の既得権マスコミ各社が流布する日本の歴史に疑義を抱いてタブーに挑み、国内外の膨大な史料を渉猟して常識を覆す数々の発見を繰り返している。その陰には超人的な読書量があり、焼酎と珈琲をこよなく愛す毎日がある。