世界権力構造の秘密〈下〉影の支配者の実名

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 333p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784880862217
  • NDC分類 361.65
  • Cコード C0030

内容説明

日本を脅かす強欲金融人の悪行三昧、全告発。

目次

第6章 世界権力の諜報機関CIAの機密活動を暴く(「CIAの父」ビル・ドノヴァンの女性遍歴;世界権力からの秘密指令を受け、ヒトラーと会見したドノヴァン ほか)
第7章 「財団」とは世界権力の犯罪シンジケートである(慈善事業を装う犯罪シンジケート=財団;ロックフェラー財団が研究する「世界権力」 ほか)
第8章 慈善事業を隠れ蓑にするペテン財団の全犯歴(財団の犠牲者はアメリカの若者である;財団は軍事・諜報活動にも関わる―マイター財団とランド研究所 ほか)
第9章 世界権力という寄生体の覇権は永続しない(武力を背景に世界権力の頂点に立つ最高支配機関「五人会議」;世界権力が用いる単純な支配のテクニック「分割して統治せよ」 ほか)
解説 太田龍―ユースタス・マリンズをより深く理解するために

著者等紹介

マリンズ,ユースタス[マリンズ,ユースタス][Mullins,Eustace]
1922年に生まれ、ワシントン&リー大学、ニューヨーク大学、美術専門学校等で学ぶ。2007年現在85歳、米国ヴァージニア州在住。第2次世界大戦時は38カ月間、米空軍で軍務に服す。戦後はジョセフ・マッカーシー議員の反共活動に立法調査員として協力。その後著名な詩人エズラ・パウンドとの運命的な邂逅を得て、政治犯として収監されていた同氏の釈放運動を展開する。議会図書館に勤務するかたわら、世界の権力中枢の正体を暴露・糾弾する著作を発表、戦後のドイツで最初に焚書処分をうけた作家でもある

天童竺丸[テンドウジクマル]
1949年岡山県生まれ。東京大学大学院印度哲学・梵文学科中退。ツラン同盟事務局長、歴史修正学会・文明地政学協会理事。世界戦略情報「みち」編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界を操る真の支配者は誰なのか。全欧州に寄生する黒い貴族たちの800年に及ぶ世界支配の秘密を探る

(目次)
第六章