天皇のロザリオ〈上〉日本キリスト教国化の策謀

個数:

天皇のロザリオ〈上〉日本キリスト教国化の策謀

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月20日 21時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 458p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784880862002
  • NDC分類 288.41
  • Cコード C0095

内容説明

「陛下が危ない!」市長は叫んだ。九州巡幸・別府小百合愛児園の礼拝堂、昭和天皇にそのとき何が起こったのか?マッカーサーとカトリックが仕組んだ「日本改造計画」の秘密を暴く。

目次

第1章 幻の「別府事件」
第2章 忍び寄るカトリックの魔手
第3章 天皇教の国、日本
第4章 昭和天皇は「神」でありしか
第5章 天皇とマッカーサーの神学的会見
第6章 変貌し続ける天皇教
第7章 象徴天皇とキリスト教

著者等紹介

鬼塚英昭[オニズカヒデアキ]
1938年大分県別府市生まれ。別府鶴見ケ丘高校卒業後、上京。中央大学法学部で学びながら数多くの職に就く。学費未納で中退後、故郷・別府にて家業の竹細工職人となる。生業の傍ら、国内外のありとあらゆる関連書を渉猟・読破、関係者にも精力的に取材を重ね、郷土史家として私家版の歴史書を書き上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

1949年6月8日、カトリック礼拝堂へと導かれ、昭和天皇はキリストの像の前に立っていた。「危ない!」と脇鉄一別府市長は叫んだ。その日もし脇市長が叫ばなかったら日本はキリスト教国になっていた。その日、別府小百合愛児園でマッカーサーとカトリックの陰謀が仕組まれていたのだ・・・。