ちいさい・おおきい・よわい・つよい<br> みんなの貧困問題。―つながりのなかで子育てをするために

個数:

ちいさい・おおきい・よわい・つよい
みんなの貧困問題。―つながりのなかで子育てをするために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月18日 09時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784880499260
  • NDC分類 599
  • Cコード C0077

内容説明

貧しさの正体はなんだろう?他人の目や評価に縛られるとき、常に不安がつきまとう。足りないものはお金?それとも…「こども食堂」「居場所」に学ぶこどもとのくらし。みんなに、ありがとう!

目次

はじめに 私たちの「理想」をかたどっているもの
1 「貧しさ」ってなんだろう?(「私は困っています」といえなくても―「こども食堂」で広がっていること;「貧困」が社会問題化されるまで ほか)
2 「一人じゃどうにもならない」とき、支えになるもの(「物語」から始まる地域の応援団―「孤立」した人を社会につなぐために;自分の力だけで生きられなくても大丈夫―「居場所」の“混沌”から育まれること)
3 将来を考えるとき(お金がかかる子育てに、ゆとりをもたらすもの―ベーシック・インカム(無条件給付の基本所得)ってなんだ?)
おわりに 傷つきの共有がつながりをもたらすとき

著者等紹介

荘保共子[ショウホトモコ]
1947年生まれ。兵庫県育ち。認定NPO法人「こどもの里」理事長。子どもの権利条約関西ネットワーク共同代表。わが町にしなり子育てネット代表

山森亮[ヤマモリトオル]
1970年神奈川県生まれ。同志社大学経済学部教員。専攻は社会政策・経済思想で、ベーシック・インカムなどの研究をおこなう

湯浅誠[ユアサマコト]
1969年東京都生まれ。社会活動家。NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長、東京大学先端科学技術研究センター特任教授ほか

渡辺ゆりか[ワタナベユリカ]
1971年愛知県生まれ。一般社団法人草の根ささえあいプロジェクト代表理事。名古屋市若者・企業リンクサポート所長

熊谷晋一郎[クマガヤシンイチロウ]
1977年山口県生まれ。小児科医。東京大学先端科学技術研究センター准教授。当事者研究にとりくむ。“ち・お”編集人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。