おそい・はやい・ひくい・たかい<br> 思春期心中―なぜ「大人」になれないのか

個数:

おそい・はやい・ひくい・たかい
思春期心中―なぜ「大人」になれないのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 18時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784880496580
  • NDC分類 370
  • Cコード C0077

内容説明

友だち関係、SNS、仲よし家族…もしかして、子も親も!?

目次

1 「これは思春期!」と思ったとき(子どもが!親が!?思春期あるある!;大人に近づこうとするころ―高学年の学級の風景から)
2 いまどき思春期模様 対談 友だち関係、SNS、仲よし家族…もしかして、子も親も!?(子ども編 コントロールが難しい衝動性;母親編 子どもをかわいがれない母のもつ不遇感;家族編 父親の仲間アピールと表面的な「神対応」;学校編 悪者になろうとしない先生たち;対談のあとに 行きつもどりつしながら、子も親も育つために)
3 「一人前」になること(子育てにある加害性;「大人」像を更新するとき)

著者等紹介

岡崎勝[オカザキマサル]
1952年愛知県名古屋市生まれ。小学校教員44年め。フリースクール「アーレの樹」理事。1998年より“お・は”編集人。きょうだい誌“ち・お”編集協力人も務める

東浩紀[アズマヒロキ]
作家・思想家

岩宮恵子[イワミヤケイコ]
臨床心理士

木ノ戸昌幸[キノトマサユキ]
NPO法人スウィング理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小鈴

19
図書館にあったのでうっかり東浩紀「子育てにある加害性」を読んでしまった。育児を加害/被害で読むのは筋が悪い気がするんですが、大人になれない親が自分の加害性から目を背け被害者の立場で「のみ」語ることを批判したい気持ちは分からないでもない。でも、そう言っている東浩紀本人が育児のせいでやりたい仕事ができない「代償」を払ったと言っていて被害者意識が強い笑。「反出生主義」を基本的に子どもの立場から見た哲学と言い切っているが、それはそうやろな、としか。。。2020/06/23

海戸 波斗

2
今を嘆くのなら、お婆さんは川で洗濯してろよ。相談をうける人々のありがたいご高説よ、ごもっともです。たくさんの大人になれない相談者達がいます。情けなくみっともないこと言ったり、やったりしてますよって教えて貰ってもな。困ってる人の手助けとかになるのかな、見下される相談ってしたくないよね。次は私もそっち側に行きたいな。なんで、手に取るんだろ憧れてるんだろうな。ダメ絶対。ごめんなさい。2020/04/11

せしる

0
あまり期待せずに読んだら、自分に刺さる内容だった。 母娘の関係、べったりか難しいか、自己肯定感とSNS、もっている能力よりも発言がうけるかが大事。自分中心の世界を、集団のなかでとどう折り合いをつけるか。フォース←理性の力。とどめておきたい言葉がたくさん。2021/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15419211

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。