おそい・はやい・ひくい・たかい<br> どうして、男と女はすれちがう?―妻から母へ、夫から父になるとき+現役のあとに

個数:

おそい・はやい・ひくい・たかい
どうして、男と女はすれちがう?―妻から母へ、夫から父になるとき+現役のあとに

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784880496559
  • NDC分類 370
  • Cコード C0077

内容説明

学校・教育BOOKがお届けする大人がテーマの第一弾!10年後、20年後の夫婦、家族を想像して読んでください。妻から夫に、母から子に、父は肌身離さず。

目次

1 子育ての始まりから孫育て渦中(特集対談 どうして、男と女はすれちがう?―妻から母へ、夫から父になるとき+現役のあとに;対談を終えて)
2 心地よく生きるヒント(父親が地域で子育てするときの作法―徹底して、しかも「主体的」についていく;必要なのは関係の「メンテナンス」―対話できる夫婦になる;退職したんだで、楽しみゃーえんだにぃ―妻と共有する「その後の暮らし」)

著者等紹介

岡崎勝[オカザキマサル]
1952年愛知県名古屋市生まれ。小学校教員44年め。フリースクール「アーレの樹」理事。1998年より“お・は”編集人。きょうだい誌“ち・お”編集協力人も務める

貴戸理恵[キドリエ]
社会学者。関西学院大学准教授

小島貴子[コジマタカコ]
キャリアカウンセラー。東洋大学准教授

土井峻介[ドイシュンスケ]
元中学校体育教員

山本芳幹[ヤマモトヨシミキ]
フリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鳩羽

12
子どもが一番身近に接し、将来のモデルとして大きな影響を与えるのが親だが、望んで家族となったはずの父という男性、母という女性は、結婚後、出産後に互いへの愛情を減らしていくという統計がある。それはなぜなのかということを、対談や寄せられた文章でまとめた読みやすい一冊。タイトルに「どうして」とあるが、その理由は別に意外でも不思議でもなく、問題に感じている側には既知のことのように思える。だが、片方が愛情の問題だと思い、片方が能率の問題だと捉えていれば、問題を同じステージに上げることからして難しいのかもしれない。2019/09/15

しゅんぺい(笑)

2
なんかこういう本は惹かれて読んでしまう。一般的な男と女では、自分はどのあたりに位置するんやろうとか考えながら。ひととして対話しながら一緒に生きていけたら、なんて理想なんかなあ。2021/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13854784

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。