学校を変えよう!―公立小学校に通う子どもの親の心配Q&A50

個数:

学校を変えよう!―公立小学校に通う子どもの親の心配Q&A50

  • 提携先に3冊在庫がございます(2017年11月18日 14時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784880434308
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0037

内容説明

全国学力テストを拒否!校長室を廃止して「語らいの部屋」をつくる!少人数学級のために教室の壁をぶち抜く!…他、子どもが主人公の学校づくりを果敢に実践してきた伝説の元校長が、公立小学校での親の心配・疑問にズバリ答えます。

目次

巻頭対談 はっきり言って日本の子どもが心配です(ゲスト尾木直樹「子どもたちが主人公の学校に変えよう!」;ゲスト武田邦彦「3・11以後、学校は何を教えるべきか、どう変わるべきか」)
親の心配学校のことなんでもQ&A50(授業と子どもの生活編;学校編;PTA・地域編;ともに学び合う―特別支援と子どもたち編)

著者紹介

加地健[カチケン]
1947年生まれ。愛知教育大学を卒業後、1972年に教職に就き、1994年には校長に就任。1997年から8年間、犬山市教育委員会事務局の学校教育部長などを歴任し、犬山市の教育改革の原動力となった。2005年から犬山市立犬山北小学校に勤務し、校長のリーダーシップを発揮し、斬新な学校経営を展開した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)