「必死」の花々―遺されたことば99

個数:

「必死」の花々―遺されたことば99

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784880434254
  • NDC分類 159.8
  • Cコード C0095

内容説明

ニーチェ、チャップリン、寺山修司…等々、99人が遺した「必死」の花々。元気をもらう!生と死のことば名句名言。

目次

テオグニス―教訓詩で知られた古代ギリシャの詩人
孔子―『論語』で高名な儒教の始祖
プラトン―古代ギリシャの大哲学者
荘子―古代中国の思想家・道教の始祖
エピクロス―快楽主義を説いた古代ギリシャの哲学者
セネカ―古代ローマ、ストア派の哲学者で政治家・劇作家
マルクス・アウレリウス―古代ローマ五賢帝の一人
聖ベルナール―中世フランスの神学者
鴨長明―『方丈記』の作者。平安末期から鎌倉期の歌人・随筆家
吉田兼好―『徒然草』の作者で鎌倉時代の随筆家・歌人〔ほか〕

著者紹介

野沢一馬[ノザワカズマ]
1947年宮城県生まれ。業界紙誌の編集記者を経て、フリーのライター兼編集者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)