原発になお地域の未来を託せるか―福島原発事故 利益誘導システムの破綻と地域再生への道

個数:

原発になお地域の未来を託せるか―福島原発事故 利益誘導システムの破綻と地域再生への道

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 148p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784880375700
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

深刻な事態が進行する福島原発事故。なぜ、地域は原発を引き受けてきたのか。そして、地域は原発から抜け出せるか。長年、福島の地で“社会科学”“地方自治”の視点から原発問題を研究・発言してきた著者待望の書き下ろし。

目次

第1章 原発震災は何をもたらしたか(原子力災害とはどういうものか;福島原発で何が起こったのか ほか)
第2章 社会問題としての原子力発電(迷惑施設の立地問題と「環境負荷の転移」;原子力施設の立地 ほか)
第3章 原子力発電の財政学(電源三法システムの成立;電源立地促進システムの展開 ほか)
第4章 原子力発電と地域の将来(原子力で地域は発展するか;「豊かさ」の中身 ほか)
第5章 復興に向けた道筋(双葉地方はどうなるのか;原発災害と地方自治の問題 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぴろし

0
読み終わったので、TLOへ。2015/01/04

KurotorA

0
原発の仕組み、核燃料のリサイクルの考え方とその破綻。電源三法の解説。わかりやすかった。しかし地域の未来をどう構築していくかは、全国すべての自治体の課題でしょう。福島はさらにマイナスからの出発になるという厳しいハンディを負っている。簡単な解決法はないが、地域主義というか地域からの発想がまずありきです。国に依存する体質からの脱却がまず必要なんだと思う。そのような選択肢で選挙を含め異議申し立てをしていくべきだし、個々人が考えていかなければと。。。。2012/03/08

psi_x

0
電源三法について。こんな法律意味ないだろって思った。原発になんて未来は託せない。また原発を誘致せざるを得ないほどの貧困が日本の中にはあるという現実も受け止めなくてはならない。日本って一体2011/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3358450

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。