後期高齢者医療制度と医療費「適正化」戦略

個数:

後期高齢者医療制度と医療費「適正化」戦略

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 101p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784880375199
  • NDC分類 498.13
  • Cコード C0031

目次

第1章 なぜ後期高齢者医療制度は創設されたか
第2章 70年代からはじまった高齢者医療の見直し
第3章 12の法律からなる医療制度構造改革
第4章 後期高齢者医療制度―その仕組み・負担と給付について
第5章 なぜ後期高齢者医療制度なのか
第6章 休まずねばり強く―当面の運動課題
第7章 まちづくり・健康づくりにつながる社会保障運動づくりを
終章 健康づくり・まちづくりを住民運動で―くらしの協同・提案・制度要求を生活地域での社会保障運動として

著者等紹介

篠崎次男[シノザキツギオ]
1934年東京都荒川区生まれ。荒川生協専務理事を経て、1994年まで日本生活協同組合医療部会事務局長を務める。日本高齢者運動連絡会事務局長を経て、現在顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。