術中覚醒―回避可能な麻酔の落とし穴

個数:

術中覚醒―回避可能な麻酔の落とし穴

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 157p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784880036656
  • NDC分類 494.24
  • Cコード C3047

目次

基礎(麻酔深度と術中覚醒;揮発性麻酔薬による全身麻酔;全静脈麻酔におけ術中覚醒)
モニタリング(皮質脳波モニター;誘発脳波(主に聴性誘発電位)
顔面筋、食堂平滑筋モニタリング)
好発症例と対策(心臓外科における術中覚醒;産科における術中覚醒;小児科における術中覚醒;外傷麻酔中の術中覚醒)
発生後の問題(術中覚醒とPTSD;医療訴訟)

著者等紹介

佐藤重仁[サトウシゲヒト]
浜松医科大学麻酔・蘇生学講座教授

土井松幸[ドイマツユキ]
浜松医科大学附属病院集中治療部講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《内容》 筋弛緩剤が十分に効いて、身動きできない状態におかれた患者が手術中に覚醒していたとしたら、PTSDに罹患する可能性も十分にあると思われる。術中覚醒は麻酔の合併症であるとの考えを常に念頭に入れ、それを予防するための研究にいち早く取り組んだ書。