ニューミレニアムの輸血療法―考えよう、輸血療法の必要性と安全性

個数:

ニューミレニアムの輸血療法―考えよう、輸血療法の必要性と安全性

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 225p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784880036588
  • NDC分類 492.26
  • Cコード C3047

内容説明

21世紀を迎え、自己血輸血、造血因子、人工赤血球なども加え分子生物学の進歩・ヒトゲノムの解明により、他人の血液に依存しない治療法がさらに開発され、その需要も今後ますます増加すると考えられる。本書では、輸血療法に直面されている方々や今後輸血療法を行う可能性のある方々が一読することで、日頃疑問に感じていたこと、輸血をとりまく問題点や現在の考え方などを容易に理解でき、また学問的に難しい内容も図を交え、できるだけ平易に書かれており、誰にでもわかりやすい内容となっている。

目次

1 全血輸血の最近の考え方
2 成分輸血の最近の考え方
3 安全な輸血療法とその実践
4 輸血の副作用と治療法
5 自己血輸血
6 造血因子使用の実際と安全性
7 手術と輸血
8 造血幹細胞移植とその現状

著者等紹介

橋本保彦[ハシモトヤスヒコ]
東北大学名誉教授・仙塩総合病院名誉院長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《内容》 手術室、ICUや救急の現場では緊急に血液製剤を使用する機会が多いが、現場で働く医療関係者の輸血療法についての知識は必ずしも十分とは言えない。それが血液製剤使用の是非や、合併症など、医療関係のみならず社会的な問題をも引き起こす。輸血療法に直面また、行う可能性のある方に。