がん患者の訴える痛みの治療―緩和ケアにおけるTotal Painへの対応

個数:

がん患者の訴える痛みの治療―緩和ケアにおけるTotal Painへの対応

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784880036434
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C3047

内容説明

本書は、緩和ケアでの看護婦(士)の役割の重要性に目を向け、多くの教科書から得た知識を臨床の現場でどう生かせばよいかが理解できる実践的なものである。各項目に「医師として」と「看護婦として」と二本立ての項目を設けてある。

目次

1 がん患者の訴える痛みの診断(痛みの診断の基本的事項;診断の実際)
2 がん患者の訴える痛みの治療(身体的痛みの治療;精神症状の診断と治療;Total Painの治療;在宅医療の役割;音楽療法の役割;がん告知とインフォームド・コンセント)

著者等紹介

橋本保彦[ハシモトヤスヒコ]
東北大学大学院医学系研究科麻酔・救急医学講座麻酔科分野教授

山室誠[ヤマムロマコト]
東北大学大学院医学系研究科麻酔・救急医学講座疼痛制御科学分野教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《内容》 効果的な食事療法を指導するためには、一人一人の病態をよく考慮することに加え、多様な生活パターンや食事の嗜好、社会的背景にまで目を向けなければならない。また糖尿病そのものについて理解しなければならない。本書では糖尿病の基本的な病態生理と、客観的なデータに基づいて食事療法を解説。