補給戦と合衆国

個数:

補給戦と合衆国

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月18日 02時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 285,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784879843289
  • NDC分類 392.53
  • Cコード C3022

内容説明

こんにちのアメリカ社会が形成される上で決定的な役割を果たしたのは「戦争」そして「鉄道」である。この二点ともに深くかかわる「補給戦」に本書は焦点を当てる。南北戦争から第一次大戦までの時期を中心に、アメリカ陸軍の補給の実態を検証し、それがアメリカをどう変えてきたかを分析する。

目次

序論 鉄道と軍事から見た合衆国形成史―南北戦争から第一次世界大戦までを中心に
本論(南北戦争時の鉄道軍事利用と国家統合―戦争前期(一八六一‐一八六三年)のヴァージニア戦線における北部を対象に
アメリカ大陸横断鉄道の建設構想―一九世紀中葉から立法化までの議会動向を中心に
USMRR(合衆国軍事鉄道局)のハーマン・ハウプトとゲティズバーグの戦い
陸軍省参謀部の創設と鉄道―軍制改革期のレトリックと実態
第一次大戦期アメリカの産業動員―鉄道庁創設の意義をめぐって)
結論 国家形成過程の皮肉
補論 現代日本における外国史研究の実状と課題―軍事史、戦争史に注目して

著者等紹介

布施将夫[フセマサオ]
1971年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(人間・環境学)。現在、京都外国語大学専任講師。専門はアメリカ史。特にアメリカの政治史と軍事史の新たな総合をめざし、軍隊と政治、社会の相互関係に関心をもつ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。