ネットで見たけどこれってホント?〈1〉健康のメディアリテラシー

個数:

ネットで見たけどこれってホント?〈1〉健康のメディアリテラシー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月25日 20時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 63p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784879815774
  • NDC分類 K361
  • Cコード C8636

出版社内容情報

ネットで見かける身近な健康情報を科学的に検証し、「どう考えればいいか」を示しながら、メディアリテラシーを育みます。

北折 一[キタオリ ハジメ]
サイエンスライター/元NHK科学・環境番組部専任ディレクター/「ためしてガッテン」演出担当デスク。
 1987年NHKに入局後、静岡放送局などを経て、科学バラエティ番組「ためしてガッテン」の立ち上げに参加し、18年間にわたって同番組の制作を続ける。2000年にマスコミ界初の「消費生活アドバイザー(経済産業大臣認定)」資格取得。2013年にNHKを退職し、現在は、おもに健康教育の分野で「人々のよりよい生活のお手伝い」をめざして、「健康情報の読み解き方・伝え方」「生活習慣病予防のダイエット」などの講演を行うほか、執筆活動も。自らの減量経験をもとに出したダイエット本が話題になる。
 著書に、「最新版・死なないぞダイエット」「やせるスイッチ 太るスイッチ」(KADOKAWA)、「食育!ビックリ大図典」(東山書房)、「死なない!生きかた ?学校じゃあ教えちゃくれない予防医療?」(東京書籍)ほか多数。

内容説明

うわっ!そうなんだ!みんなに教えなきゃ!ちょっと待った!その情報、危険かも!

目次

除菌剤を使えば手洗いは必要ない?
くさいおならが出るのは、肉ばかり食べているから?
インフルエンザの予防にマスクは効果がない?
お酒は飲めば飲むほど強くなる?
炭酸飲料をたくさん飲むと、骨がとける?
タバコは自分で吸うよりも、周りの人のほうが害が大きい?
「知っておきたいネットのこと」あやしいネット情報の見分け方のコツ
炭水化物をぬくと、ダイエットできる?
コラーゲンをとると、はだがすべすべになる?
歯みがきは、食後すぐよりも少し時間がたってからがいい?
ニキビにベビーパウダーや軟こうをぬると治る?
過呼吸になった時は、紙ぶくろを口に当てる?

著者等紹介

北折一[キタオリハジメ]
サイエンスライター。1964年愛知県生まれ。元NHK科学・環境番組部専任ディレクター、「ためしてガッテン」演出担当デスク。小中学生の3人の子どもがいる。1987年NHKに入局後、静岡放送局などを経て、科学バラエティ番組「ためしてガッテン」の立ち上げに参加し、18年間にわたって同番組の制作を続ける。2000年にマスコミ界初の「消費生活アドバイザー(経済産業大臣認定)」資格取得。2013年にNHKを退職し、現在は、おもに健康教育の分野で「人々のよりよい生活のお手伝い」をめざして、「健康情報の読み解き方・伝え方」「生活習慣病予防のダイエット」などの講演を行うほか、執筆活動も(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツキノ

21
元NHK科学・環境番組部専任ディレクターで「ためしてガッテン」演出担当デスクによる、子ども向けのメディアリテラシーの本。これはいい!正解を教えるのでもなく、批判するのでもなく、自分で考える道筋を教える。本で個人学習するのではなく、学校やグループで話し合いたい。学校のPCを使う時間帯もパソコンでお絵かきとか小手先のものじゃなく、ネットの使い方を「話し合う」ものにしてほしい。おとなも、おとなこそ読むべき。健康情報に振り回されて流行を作り出すよう仕向けられてしまうようなおとな向けにも書いてほしい。2017/01/15

くらげ@

9
さまざまな情報がインターネットにはあるが、それをどう活用するか、振り回されないでいるかはとても大切なこと。除菌剤を使えば手洗いは必要ないのか?コーラーは骨を溶かすのか?炭水化物をぬくとダイエットできる?などなど大人でも興味のある話題となっていました。2017/07/23

たくさん

1
イラストが少し荒っぽい割には文章が少し回りくどい気がする。絵が砕けているなら文章も砕けたほうが読み進めやいかなあという感じがする。内容はしっかりしているけれど、どういうときにこういう論を子供がするか考えると、使い方もむつかしい本かなと思います。2020/11/29

読んだ

0
よく聞いてくれてました。2016/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11187158
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。