ボケがきた?どこにきた だれにきた―今なら間に合う4つの生活習慣

個数:
電子版価格 ¥733
  • 電書あり

ボケがきた?どこにきた だれにきた―今なら間に合う4つの生活習慣

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年02月21日 10時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784879548504
  • NDC分類 493.75
  • Cコード C0077

目次

序章 もの忘れ人口、増加中(もの忘れしやすくなっている私たち)
第1章 ボケがきた?(始まりは、何気ない「もの忘れ」)
第2章 ボケは突然始まらない(私たちが認知症になるまでの物語)
第3章 もの忘れと認知症Q&A(ど忘れと認知症のもの忘れ)
第4章 ボケない鉄則(ボケを止めるには生活習慣の改善から;ボケない鉄則 食事編;ボケない鉄則 社交編;ボケない鉄則 運動編;ボケない鉄則 生活編)

著者等紹介

奥村歩[オクムラアユミ]
1961年生まれ、1988年、岐阜大学医学部卒業。1998年、岐阜大学大学院医学博士課程修了。同年、アメリカノースカロライナ神経科学研究所に留学。2000年、岐阜大学附属病院脳神経外科病棟医長併任講師。2008年、おくむらクリニックを開設、岐阜大学客員医学講師。おくむらクリニック「もの忘れ外来」では、毎日全国から集まる100人以上の診療を行っている。脳神経外科学会(評議員)・日本認知症学会(認定専門医・指導医)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ボケる前に、ボケの進行をストップする

「あれ、どこだっけ?」「あの人の名前、なんて言ったっけ……」。物忘れが増えてくると、「年のせい?まさか、認知症?」と不安がよぎる方もいらっしゃることでしょう。
ただの物忘れと認知症の初期の症状には、あまり違いがありません。認知症のなかでもアルツハイマー病は、脳にβアミロイドという物質がたまり、その後十数年をかけて神経細胞死、認知障害が起こることから、突然ボケるわけではなく、40、50代から少しずつその要素が蓄積されていくことがわかっています。50代前後の方ならば、ボケになる芽がすでに出ているのです。
そして、この段階ならボケの進行を食い止めることができます。ボケる前に読む!
脳神経外科医の著者が、今からしておきたいボケ改善の方法を医学的かつ実践的に紹介します。すぐできる、効果的な方法が満載。
共感して思わず笑ってしまう4コマ漫画による事例も豊富。

序  章 もの忘れ人口、増加中
>>「ボケ」から逃げ切れる?
第1章 ボケがきた?
>>始まりは、何気ない「もの忘れ」
第2章 ボケは突然始まらない
>>認知症Q&A脳ドックで認知症はわかる? など
第3章 もの忘れと認知症 Q&A
第4章 ボケない鉄則
>>食事 / 社交 / 運動 / 生活

【著者紹介】
おくむらクリニック院長。木沢記念病院脳神経外科部長。