プラチック論叢<br> フーコーの「全体的なものと個的なもの」

個数:

プラチック論叢
フーコーの「全体的なものと個的なもの」

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 152p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784879191120
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C3030

内容説明

個人の行動を可能にし、生活全体を可能にするものとして権力関係をとらえる。社会科学的フーコーと哲学的フーコーとの交点に位置する名論稿であり、「人間という主体」がつくりだされる、個人と国家との史的根源を探る。

目次

全体的なものと個的なもの―政治的理性批判に向けて
フーコーの権力論をめぐって
ディシプリンから真理へ―フーコーの政治学

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

七忍ミイラ

0
前半はフーコーがアメリカで行った講義のテクスト。内容的には、『安全・領土・人口』とほとんど変わらない。注目すべきは、山本哲士と北山清一の対談。いまでは見なくなったようなフーコー論で、北山はバルドの中心の虚無をパノプティコンの構造と連関させて論じるし、山本はブルデューの文化資本の再生産に生権力の在り方を読み込んでいく。90年代初頭のフーコー第2世代の議論はやはり、第1世代(蓮見重彦など)の文学論としてのフーコー理解とは距離を置いて、フランス思想や政治哲学とフーコーを結び付けている。山本のフーコー解説も秀逸。2017/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/405630

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。