ありふれた老い―ある老人介護の家族風景

個数:

ありふれた老い―ある老人介護の家族風景

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784878932137
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

いずれ誰もが経験する、ありふれた老いをめぐる、ありふれた家族の風景―在宅介護の苦労のすえ、ストレスで倒れる妻。「死んだほうが…」と呟き、老人ホームから帰れる日を待つ老父。おじいちゃんの下の世話をする潔癖症の孫娘。危篤騒ぎで久しぶりに集まり、話をはずませる兄弟たち。哀切きわまる高齢者病棟の老人たち。そして、沈黙の老父の脳裏には、幼い日の子供たちの姿が駆けめぐっている…。

目次

1 松下家の“老人問題”の幕開け―それはドタッ!で始まった
2 老人ホーム入所…悲惨という言葉は禁句に
3 父の危篤で兄弟が勢揃い…思いがけない新年会
4 入院…子供になってゆく父
5 在宅介護…一家が共倒れの危機に
6 父の人生…貪ることを知らないつましい一生
7 再入院…つらさがつのる老人病棟
8 最後の元旦を迎える…この病棟だけは餅は出ません
9 危篤、そして奇跡的な蘇生…魂をつなぎとめる
10 命の最後のたたかい…食べることをやめた父の口