刑事弁護プラクティス〈2〉新人弁護士養成日誌

個数:

刑事弁護プラクティス〈2〉新人弁護士養成日誌

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 296p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877987688
  • NDC分類 327.6
  • Cコード C3032

内容説明

弁護士は何を考え、どう動くのか?ドラマのようにはいかない実際の刑事弁護活動の具体的なイメージを掴む。

目次

第1部 桜丘だより(プロの被告人―住居侵入・窃盗事件;不倫の果て―脅迫事件;逮捕しに行こう―麻薬及び向精神薬取締法違反事件 ほか)
第2部 座談会「桜丘だより」の弁護士たち 桜丘法律事務所での養成時代(司法を変える;それぞれの持ち味を活かす;「桜丘だより」裏話 ほか)
第3部 桜丘法律事務所で学んだこと 巣立った弁護士からのメッセージ(櫻井先生の眼差し 虫本良和(千葉県弁護士会)
“ひよっこ”の旅立ち 松岡孝(釧路弁護士会)
桜の種 池田征弘(鹿児島県弁護士会))

著者等紹介

櫻井光政[サクライミツマサ]
1954年生まれ。東京都出身。1977年中央大学法学部卒業。1979年司法試験合格。1982年弁護士登録。第二東京弁護士会所属。1998年、初の日本型公設弁護人事務所開設。2008年度第二東京弁護士会裁判員裁判実施推進センター(現裁判員センター)委員長、2009年度第二東京弁護士会副会長等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。