犯罪社会学研究〈No.45〉課題研究「コミュニティと犯罪」

個数:

犯罪社会学研究〈No.45〉課題研究「コミュニティと犯罪」

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 160p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784877987640
  • Cコード C3036

目次

1 課題研究 コミュニティと犯罪(日本における犯罪とソーシャル・キャピタルの関係をめぐる研究動向;コミュニティと犯罪―海外と日本の社会調査に基づく研究の系譜と今後の展望;『犯罪多発地区』の多様な相―Felson and Eckertの“Overt Crime Areas”論を鍵として;統治のアクターとしてのコミュニティ―その系譜と、「統治の社会化」にむけた探索的アプローチ)
2 自由論文(長期刑受刑者の施設内適応―主観的健康感をめぐる検討;戦前少年保護実務家の戦後少年司法に関する課題認識―1948年少年法をめぐり言説化されなかった「語り」の分析;犯罪当事者間での対話意欲を規定する要因―修復的司法の視座から)
犯罪研究動向(サイバー犯罪の動向;触法精神障害者の処遇に関する研究動向)
書評 井上眞理子著『ファミリー・バイオレンスと地域社会―臨床社会学の視点から』
書評 朝田佳尚著『監視カメラと閉鎖する共同体―敵対性と排除の社会学』