• ポイントキャンペーン

世界は1つの生命からはじまった―サムシング・グレートからの贈り物

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 1冊(ペ/高さ 20cm
  • 商品コード 9784877716141
  • NDC分類 460
  • Cコード C0095

内容説明

遺伝子工学の権威/村上和雄氏と、絵本作家の巨匠/葉祥明氏初のコラボレーションによる書き下ろし絵本。地球や宇宙という大きな視点から、自分が存在している理由を見つめ直し、生命の大切さを問う。

著者等紹介

村上和雄[ムラカミカズオ]
1936年奈良県生まれ。63年京都大学大学院博士課程修了。アメリカ・バンダービルト大学医学部助教授を経て、78年筑波大学応用生物化学系教授に。83年、高血圧の原因である酵素「ヒト・レニン」の遺伝子解読に成功し、以降バイオ分野の研究で世界の注目を集める。90年マックス・プランク研究賞を受賞。96年日本学士院賞受賞。遺伝子研究の権威であり、(財)国際科学振興財団バイオ研究所所長。「心と遺伝子研究会」代表

葉祥明[ヨウショウメイ]
1946年熊本市生まれ。70年NYに留学、油絵を学ぶ。72年創作絵本『ぼくのべんちにしろいとり』を出版(後年、欧州各国でも発刊)。77年、第3回サンリオ美術大賞受賞。90年『風とひょう』イタリア・ボローニャ国際児童図書展グラフィックス賞受賞。91年北鎌倉に「葉祥明美術館」を開館。96年『イルカの星』が第31回日本造本装幀コンクール展入賞。『地雷ではなく花をください』で「難民を助ける会」に原画を提供協力。97年『地雷…』が日本絵本賞読者賞受賞。創作絵本『イルカの星』第7回けんぶち絵本の里大賞受賞/郵政省「かもめーる」などへの採用、海外のミュージアムライブラリー等に収蔵多数、ユニセフ・WWF・アムネスティ(日本支部)ほか諸団体へ原画提供。また、国内外にて原画展・講演会活動等と幅広く活躍中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。