家なんて200%買ってはいけない!

個数:

家なんて200%買ってはいけない!

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 159p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877713416
  • NDC分類 365.3
  • Cコード C0030

内容説明

家がタダになる時代がやってくる!2040年、日本の住宅の40%が空き家になる!『スッキリ!!』(日本テレビ)でおなじみの経済評論家が不動産業者が絶対に言えない真実を暴く!

目次

第1章 家がタダになる時代がやってくる(2040年、日本の住宅の40%が空き家に?;少子化が不動産業界にもたらす災厄 ほか)
第2章 日本人の不動産に対する考え方が変わった日(日本のバブルはアメリカの政策失敗が原因だった;バブルの崩壊が日本人を変えた ほか)
第3章 都心の土地が増えている怪奇現象(賃貸に暮らしREITで稼ぐという生き方;賃貸物件を選ぶコツ ほか)
第4章 間違いだらけの家選び(貧乏人は備え付け家電を買う;家を蝕む悪魔・結露との戦い ほか)

著者等紹介

上念司[ジョウネンツカサ]
1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業(在学中は日本最古の弁論部、辞達学会に所属)。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年に経済評論家の勝間和代と株式会社監査と分析を設立。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一名誉教授に師事し、薫陶を受ける。現在はコンテンツ配信会社、格闘技ジムの経営をする傍ら、経済評論家としておもに金融政策・財政政策・外交政策等のリサーチを行っている。また、日本テレビ『スッキリ!!』などのコメンテーターとして活躍している他、2013年12月よりオピニオンサイト「八重洲・イブニング・ラボ」の主任研究員として経済に関する講演活動も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【著者紹介】
1969年、東京都 生まれ。中央大学法学部法律学科卒業(在学中は日本最古の弁論部、辞達学会に所属)。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年より、経済評論家の勝間和代と株式会社監査と分析を設立。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一名誉教授に師事し、薫陶を受ける。現在はコンテンツ配信会社、格闘技ジムの経営をする傍ら、経済評論家としておもに金融政策・財政政策・外交政策等のリサーチを行っている。また、日本テレビ『スッキリ!!』などのコメンテーターとして活躍している他、2013年12月よりオピニオンサイト「八重洲・イブニング・ラボ」の主任研究員として経済に関する講演活動も行っている。『地方は消滅しない! 』(宝島社)、『経済用語 悪魔の辞典 ニュースに惑わされる前に論破しておきたい55の言葉』(イースト・プレス)、『高学歴社員が組織を滅ぼす』(PHP研究所)など著書多数。