ずっとそばにいるよ―天使になった航平

個数:

ずっとそばにいるよ―天使になった航平

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月28日 17時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877584047
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

四歳で急性骨髄性白血病を発症。二歳の弟から骨髄移植し、笑顔で病気に立ち向かって逝った航平と、それを支えた家族、医療スタッフたちの335日のドキュメント。航平のおかあさんが、大学ノート十冊にも及ぶ日記を読み返してまとめました。

目次

序章 家族―あたたかくて幸せな生活
第1章 発病―急性骨髄性白血病
第2章 相棒―運命的な出会い
第3章 骨髄移植―お母たんのためにがんばる!
第4章 五歳―大部屋でゴール!
第5章 悪夢―私の腕の中で…

著者等紹介

横幕真紀[ヨコマクマキ]
1972年、岐阜県に生まれる。1993年、名古屋市立保育短期大学(現・名古屋市立大学)卒業後、大垣市立保育園の保育士として勤務。1997年、結婚。1998年、長男航平の出産を機に退職して子育てに専念。三児の母となる。難病と闘う子どもたちとその家族が、笑顔を忘れることなく病気に立ち向かえるようにとの思いから、2005年10月19日、岐阜市民病院小児科において、長期入院を余儀なくされた子どもと親の会「まるっけ会」を発足(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。