熊本城の被災修復と細川忠利 - 近世初期の居城普請・公儀普請・地方普請

個数:

熊本城の被災修復と細川忠利 - 近世初期の居城普請・公儀普請・地方普請

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月22日 04時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 230p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784877555689
  • NDC分類 521.82
  • Cコード C0221

出版社内容情報

江戸時代、どこの城の石垣も崩れていた!

加藤家の後を受け、熊本城の被災に立ち向かう明君・忠利。
城の修復と国の支配に打ち込んだ激動・驚愕の9年間を描く。

「城が見苦しいのはどこも一緒だ」と言い、「似相(にあい)の粗相な屋敷でいい」と言っていたけれども、そういった身の慎みを心掛け、領民の疲弊にならないように、国の疲弊にならないように配慮しながら、できる範囲で精いっぱいの居城普請・作事に努めたのが、細川忠利をはじめとする近世初期の国持大名だったのである。(本文より)

目次
第一章 細川忠利入国直後の熊本城と領国の状態
第二章 熊本城普請の開始と公儀普請―寛永十一年
第三章 寛永十二年武家諸法度・領国支配と熊本城普請
第四章 天草・島原一揆後の熊本城普請と領国支配―寛永十五年
第五章 熊本城普請の進展―寛永十六・十七年
第六章 大名にとっての居城普請と公儀普請
第七章 地震屋について

著者紹介
後藤 典子
1956年、宮崎県生まれ。
1979年、熊本大学法文学部卒業。
2009年から熊本大学文学部附属永青文庫研究センター技術補佐員。
現在、熊本大学永青文庫研究センター特別研究員。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件