未来を変える目標―SDGsアイデアブック

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

未来を変える目標―SDGsアイデアブック

  • ウェブストアに155冊在庫がございます。(2021年09月25日 16時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784877385132
  • NDC分類 519.07
  • Cコード C0036

出版社内容情報

【チラシ】はこちら(PDF)


【目次】はこちら(PDF)


2015年9月、193の国連加盟国の全会一致によって2030年までの
「持続可能な開発のための目標 Sustainable Development Goals : SDGs (エス・ディー・ジーズ)が採択されました。

一方、日本では小・中・高等学校の新学習指導要領に持続可能な社会の創り手の育成が学校の役割であると明記されました。

いま、国内外で、あらゆる領域でSDGsへの取り組みが広がっています。

本書はSDGsをわかりやすく、楽しく知ってもらうために、インフォグラフィックや写真、
マンガなどを使い、17個の目標の説明、優れたアイデアに焦点を当てた世界の活動34事例を紹介。

また、環境問題や金融、福祉、テクノロジーの専門家など14名の執筆者のコラムも掲載し、
読者の学びの心を刺激する書籍になりました。

(アイデアにこだわった事例紹介) 世界や国内の事例を紹介していますが、
単なる活動紹介ではなく、アイデアにこだわって紹介しています。
「そんな方法があるなら、こんな方法もあるかも! 」と心が動くことを期待しているからです。

先端テクノロジーを使った活動もあるし、子どものアイデアが実現した例もあります。
読んだ人が、自分ならどうするか、と考えられるような視点を提供することを目指しました。
(小さなアクションがテーマの物語) 暗記させることが目的の本ではありません。

体系化され、整理された知識を提示することで、わかった気になり、
むしろ思考停止が生まれることがあります。

それよりは読者の心が動き、次のアクションが生まれることが大切ではないでしょうか。
そのために、この本の重要なパートとして、あるストーリーをつくりました。

作者は、湯浅政明監督のデビュー作となった
アニメ映画「マインドゲーム」の原作者として知られるマンガ家、ロビン西さんです。

(専門家の視点もしっかりと) ビジュアルがメインの書籍ですが、要所要所に専門家が執筆するコラムを掲載しています。
執筆者は14名。環境問題の専門家、金融の専門家、テクノロジーの専門家など、
SDGsを読み解く様々な視点を知ることができます。

(未来の教室から) SDGsの達成目標年は2030年ですが、
この2030年を通過点と考える視点をもつことが大事だと考えています。
なぜなら子どもたちは、その先を生きていく存在だからです。

この本にも、その視点を入れるため、現役の中高生に集まってもらってワークショップを行い、
「未来への問い」を考えてもらいました。

このワークショップは、大人と子どもが対話する、まるで「未来の教室」とでも言えるような、
とても大切な時間となりました。
その場で、50個以上の問いが生まれたのですが、本書には20の問いを掲載しています。

内容説明

子どもから大人まで、SDGs(持続可能な開発目標)についてわかりやすく、楽しく学べる本です!

目次

17個の目標と「未来を変えたアイデア」(貧困をなくそう;飢餓をゼロに;すべての人に健康と福祉を;質の高い教育をみんなに;ジェンダー平等を実現しよう;安全な水とトイレを世界中に;エネルギーをみんなに そしてクリーンに;働きがいも経済成長も;産業と技術革新の基盤をつくろう;人や国の不平等をなくそう ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

けいぴ

50
SDGsについて勉強中。色々な取り組みが世界中で始まっていることを知った。無関心はいけない。授業でも触れていきたいが、まだまだ勉強不足だなぁ。2020/02/22

かぢゅ

33
SDGsの基本的な考え方を表すスローガン no one will be left behind(誰も置き去りにしない)。このスローガンがとても好き。未来を変えたアイデアとして載っていた、《テーブル・フォー・ツー》《グリーンスクール》《サステナブル・ラベル》他にもいろいろありましたが、私はこの3つが素敵だと思った。私たちにも出来ることはあるので、難しく考えないでちょっとしたことから始めてみよう。世界中に笑顔が増えるきっかけになる気がします。2019/07/11

くるぶしふくらはぎ

28
キーワードは「私ごと」であるということだと思う。エネルギー問題も貧困も自分が何かしなければ変わらないという意識を持つこと。目の前にある何かを変えなければ地球は人類は滅亡すると思って、それは自分とは関係ない遠い未来の話だとは思わないで自分と繋がっている未来だと思って行動を起こすこと。なんだかめんどくさい…と、思っていたら、いつの間にか幸せな未来が見えなくなるなんて嫌だもんね。変えるのは自分からですよ。2020/03/21

ゆう

24
SDGs(エス・ディー・ジーズ=Sustainable Development Goals)とは、2015年のサミットで採択された、2030年までに国の垣根を越え協力しあい達成する、より良い未来を作るための17の目標。なんとなく聞いたことがあったけど、ほんとになんとなく。うちの会社でも力を入れ始め、社食ではサステナブルシーフードを使ったメニューが出てきた。それをきっかけにこれはちゃんと知らないといけないなと勉強のために読んでみる。取っ掛かりとしては読みやすく、イラスト入りで分かりやすくてよかった。2020/07/25

のり

22
最近気になるSDG s。これは、写真や絵も多く、若い人向けの導入として最適かも。SDGsを達成するために頑張ってる企業や活動がいっぱい紹介されてる。わかりやすかった。2020/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12842955

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。