大学で何を学ぶか

大学で何を学ぶか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877281052
  • NDC分類 377.04
  • Cコード C0095

内容説明

勉強したくなったら要注意。フツーの学生のための「世間」論、「教養」論。まったく新しい、平成版『学問のすゝめ』の登場。まじめすぎる君に、「超」学生マニュアル。

目次

序章 まじめな貴君は警戒すべし
第1章 大学の残骸は見捨てるべし
第2章 大学は「世間」と心得るべし
第3章 大学をパソコンのごとく駆使すべし
第4章 大学から「教養」を奪還すべし

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遠野

5
文系で、明確な目標がなく将来に漠然とした不安を抱いている人向け、かな。なかなか手厳しいのに、痛快で嫌味に感じない文体だった。まずは高校の進路決定時に読むのがベストなのではないか。2010/12/21

かずぴー

2
時間が自信を生む。10万冊まであと99500冊…!!2014/08/01

ステビア

2
こちらは大学を「世間」として捉え、そこで何をするべきか論じた本。敵と己を知る、凡庸から中庸へ、お伊勢まいりとしての大学、などなど。最後の教養論も面白かった。2011/04/13

アンパンマン

1
割りと古い本なので一部の情報は間違っているが、読む価値はおおいにある。大学入学してから、または、少し経ってから読むとよいかもしれない。個人的には四章の教養に関する部分が面白く、今後の自分を支えることになるだろう。教養は所詮話の種なのかもしれない。2012/03/06

なかち

1
大学の勉強に励むと損するよ、みたいな話。2010/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/462502

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。