六十歳からの人生―老いゆくとき、わたしのいかし方

個数:
電子版価格 ¥1,018
  • 電書あり

六十歳からの人生―老いゆくとき、わたしのいかし方

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年10月20日 06時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784877232337
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

人生の持ち時間は、誰にも決まっている。六十、七十、八十、九十歳。移り変わる体調、人づき合い、暮らし方への対処法。

目次

第1章 六十歳からの時間を生きる(残された時間を大切に生きる;自分を幸せにする四つの要素 ほか)
第2章 六十歳からの人付き合いは、無理をしない(年賀状を書くのをやめる;いつも自然体で生きる ほか)
第3章 六十歳からの暮らしは、身軽に(自分にとっての贅沢をする;「おうちご飯」を作る ほか)
第4章 六十歳からの病気との付き合い方(人は自分の病気を語る;病院任せにしない ほか)
第5章 六十歳からの人生をいかす(終わりがあればすべて許される;「もういい」と納得する ほか)

著者等紹介

曽野綾子[ソノアヤコ]
1931年東京生まれ。作家。聖心女子大学文学部英文科卒業。『遠来の客たち』(筑摩書房)が芥川賞候補となり、文壇にデビューする。1979年ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章。2003年に文化功労者。1972年から2012年まで、海外邦人宣教者活動援助後援会代表。1995年から2005年まで、日本財団会長を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

60歳以後、私たちはいかに生きたらいいのか。60歳、70歳、80歳と年をとるごとに限られた時間を自分らしく幸せに活かすには。六十歳からは、いかなる人にも逃れられない共通の運命が襲う。



六十歳以後、いかに生きたらいいのか。

六十歳、七十歳、八十歳と限られた時間を自分らしく幸せにいかすには。

曽野綾子が贈る、これからの生き方。



?死と定年は必ずやってくる。

?死ぬまで働く覚悟を持つ。

?老人と仕事、どうあるべきか。

?老人といえども強く生きなければならない。

?高齢は特権ではない。

曽野 綾子[ソノ アヤコ]
著・文・その他