森棲みの社会誌―アフリカ熱帯林の人・自然・歴史〈2〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

森棲みの社会誌―アフリカ熱帯林の人・自然・歴史〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 20時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 395p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784876989539
  • NDC分類 653.29
  • Cコード C3039

内容説明

人と人、民族と民族、伝統と近代、様々なインタラクションをとおして森の暮らしはどう変わるのだろうか。森に関わり生きる人びと、その行方を探る。

目次

第1部 総説(アフリカ熱帯林の社会(1)―中部アフリカ農耕民の社会と近現代史
アフリカ熱帯林の社会(2)―ピグミーと農耕民の関係
ピグミー系狩猟採集民における文化研究
アフリカ熱帯林における宗教と音楽
農耕民と狩猟採集民における相互行為研究)
第2部 バントゥーの社会(熱帯雨林のローカル・フロンティア―コンゴ共和国北部、バントゥー系焼畑農耕民の事例;森の「バカンス」―カメルーン東南部熱帯雨林の農耕民バクウェレによる漁撈実践を事例に;中部アフリカ熱帯雨林カカオ生産における労働力利用―カメルーン南部に暮らすバントゥー系農耕民ファンを事例として)
第3部 ピグミーと隣人たち(ピグミーと農耕民の民族関係の再考―ガボン南部バボンゴ・ピグミーと農耕民マサンゴの「対等な」関係;森の民バカを取り巻く現代的問題―変わりゆく生活と揺れる民族関係;カメルーン熱帯雨林地帯の「障害者」―身体障害を持つ人びとの生活実践とその社会的コンテクスト)
第4部 相互行為の諸相(バカ・ピグミーは日常会話で何を語っているか;所有者とシェアリング―アカにおける食物分配から考える;「子どもの民族誌」の可能性を探る―狩猟採集民バカにおける遊び研究の事例;ピグミー系狩猟採集民バカにおける歌と踊り―「集まり」の自然誌に向けて)
第5部 見えない世界(音声の優越する世界―仮面結社の階梯と秘密のテクスト形態;エフェにおける死生観の変遷を考える)

著者等紹介

木村大治[キムラダイジ]
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科准教授。1960年生まれ、京都大学大学院理学研究科博士課程修了、理学博士

北西功一[キタニシコウイチ]
山口大学教育学部准教授。1965年生まれ、京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了、博士(理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。