アフリカ 可能性を生きる農民―環境‐国家‐村の比較生態研究

個数:

アフリカ 可能性を生きる農民―環境‐国家‐村の比較生態研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 13時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 270p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876986996
  • NDC分類 611.924
  • Cコード C3036

内容説明

ポリティカル・エコロジー論による初めての比較農村研究。ナイジェリアとザンビアの農村を舞台に、経済状況や国家の政策など、より広い環境まで射程に入れて人々の暮らしを総合的に理解する。

目次

序論
分析視点としてのポリティカル・エコロジー論
植民地時代のナイジェリアの農業政策:換金作物生産重視と食糧生産無視
独立後のナイジェリアの農業政策と食糧生産:オイル・ブームと食糧増産運動
食糧生産の村で起きていたこと:E村の人々の出稼ぎ労働
出稼ぎを支えるE村の農業
E村の青年にみるポリティカル・エコロジー:夢見る青年たちの闘い
ザンビアの農業政策と農業生産の変化:銅依存と経済二重構造
ザンビアの中心部のC村で起きていたこと:民族的多様性とダンボにおける野菜生産
C村の農業生産とそれを支える社会関係
C村の変容にみるポリティカル・エコロジー:変わる農村社会と農業生産
変容の中での可能性の追求:2つの村からみられた農民の流動性と開放性

著者等紹介

島田周平[シマダシュウヘイ]
1948年富山県生まれ。1971年東北大学理学部地学科地理学卒業。アジア経済研究所調査研究員、東北大学理学部助教授、立教大学文学部助教授、同教授、東北大学理学部教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を経て1998年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授。1989年理学博士(東北大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。