プリミエ・コレクション<br> 朱子学の時代―治者の“主体”形成の思想

個数:

プリミエ・コレクション
朱子学の時代―治者の“主体”形成の思想

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月19日 21時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 490p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876986446
  • NDC分類 125.4
  • Cコード C3310

内容説明

中国思想に絶大な影響をあたえ、同時に中国の正当な学問であった朱子学を、一二世紀の朱子その人の思想から一八世紀日本の朱子学研究まで幅広く考察しながら、中国と日本において構想された政治の理想型を描く。

目次

第1部 南宋における道学士大夫の政治意識(宋代道学士大夫の「狂」者曽点への憧れ―朱子とその弟子との問答を中心にして;朱子学的君主論―主宰としての心;南宋孝宗朝における朱子の側近政治批判―『陸宣公奏議』受容の一側面)
第2部 一八世紀後半における『陸宣公全集』の受容と政治文化(一八世紀後半、尾鎮藩儒石川香山の生涯と思想―徂徠学批判と『陸宣公全集釈義』;一八世紀後半、尾張藩儒石川香山と岡田新川のあいだ―その学術と政治意識;石川香山『陸宣公全集釈義』と一八世紀後半における名古屋の古代学;石川香山『陸宣公全集釈義』と尾張藩天明改革の時代―一八世紀後半における江戸期日本と清朝の政治文化(上)
張佩芳『唐陸宣公翰苑集注』と乾隆帝の宰相論―一八世紀後半における江戸期日本と清朝の政治文化(下))

著者等紹介

田中秀樹[タナカヒデキ]
兵庫県立柏原高等学校教諭。1978年兵庫県三木市生まれ。2001年島根大学法文学部卒業。2008年京都大学大学院文学研究科博士後期課程指導認定退学。文学博士(京都大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。