変容する親密圏/公共圏<br> 絵画と私的世界の表象

個数:

変容する親密圏/公共圏
絵画と私的世界の表象

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 13時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 384p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876985784
  • NDC分類 720.2
  • Cコード C3371

内容説明

変容する人間の関係性は美術作品にどのように投影されたのか―絵画から家族、母子、家庭のイメージを読み取る。

目次

第1章 家族、母子、家庭のイメージ読解のための序論
第2章 聖なるもの、家族、政治―クラーナハ作「聖親族祭壇画」をめぐって
第3章 家庭は至福の場か―17世紀オランダ風俗画における家族と家庭のイメージ
第4章 変容する幼年時代のイメージ―ネーデルラント美術における子供の肖像画とその影響
第5章 伊勢物語絵に見る「男」と「女」―17世紀前半の作例における場面選択に関連して
第6章 唐子遊図をめぐって
第7章 絵画に見る雛祭の発展―江戸時代の家族の動向に注目して
第8章 家庭こそメディアの場所である―家庭内メディアの考古学
第9章 台湾近代美術に描かれた子供たち―時局との関連に注目して
第10章 1950年代韓国における家族イメージ―「安息」のメタファーとしての家族

著者等紹介

中村俊春[ナカムラトシハル]
1955年生まれ、京都大学文学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。