プリミエ・コレクション<br> “仏の物語”の伝承と変容―草原の国と日出ずる国へ

個数:

プリミエ・コレクション
“仏の物語”の伝承と変容―草原の国と日出ずる国へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 11時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876982776
  • NDC分類 184.9
  • Cコード C3315

内容説明

インドで生まれた“仏の物語”は、ユーラシア大陸を横断し、北端と東端の地に辿り着くまでにさまざまな変容をとげる。モンゴルの『仏の12の行い』と日本の『今昔物語集』を題材に、サンスクリット語、チベット語、漢語、日本語のさまざまな一次史料を駆使しながら解明する。

目次

前編 仏伝の最北端―モンゴル帝国に伝わった「仏の物語」(仏伝『ラリタヴィスタラ』;「モンゴル語抄本」説の真偽;物語の“嵌め木細工”;モンゴル大蔵経成立について―サンスクリット借用語から見えてくるもの)
後編 『ジャータカ』から『今昔物語集』まで(雲馬(ヴァラーハッサ)ジャータカ
「雲馬物語」の分類
『大唐西域記』の「雲馬譚」
『大唐西域記』と『根本説一切有部毘奈耶』
『佛説大乗荘嚴寶王經』、『今昔物語集』、「普門品第二十五」)

著者等紹介

山口周子[ヤマグチナリコ]
(公益財団法人)中村元東方研究所研究員、東方学院講師。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。京都大学博士(文学)。研究分野はモンゴル仏教(仏教説話、仏伝文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。