地域研究叢書<br> 屋敷地林と在地の知―バングラデシュ農村の暮らしと女性

個数:

地域研究叢書
屋敷地林と在地の知―バングラデシュ農村の暮らしと女性

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 407p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784876982691
  • NDC分類 611.922
  • Cコード C3361

内容説明

モンスーンアジアの資源利用を示す詳細なデータと生き生きとした描写で、高い多様性と持続性をもつ、伝統的土地利用を再発見する。

目次

第1部 “人が作った森”から持続社会を考える(農村、屋敷地と「在地の知」;バングラデシュの社会・経済と調査村の概況)
第2部 屋敷地の利用にみる生活知、在地の知の態様(屋敷地の構造とその利用:カジシムラ村の事例から;屋敷地をもつということ:ドッキンチャムリア村を事例に;屋敷地林の植物利用からみえる村人の生活知:ドッキンチャムリア村を事例に;“女性が育む森”“―屋敷地をめぐる資源の利用と管理:ドッキンチャムリア村を事例から)
第3部 屋敷地林と暮らしの変容(都市近郊化と屋敷地林の変化:カジシムラ村における屋敷地林の植生と生産物の利用の変化;屋敷地林の植生の変化が映し出す村の暮らしの変容:ドッキンチャムリア村の事例から;屋敷地の社会経済的役割の変容:ドッキンチャムリア村の事例から;21世紀における屋敷地林の意味を考える)

著者等紹介

吉野馨子[ヨシノケイコ]
1965年千葉県生まれ。1990年、京都大学大学院農学研究科(熱帯農学専攻)修了。神奈川県庁、国際協力事業団ジュニア専門員、農村生活総合研究センター研究員などを経て、2010年より法政大学サステイナビリティ研究教育機構プロジェクトマネージャ(准教授)。博士(農学)。主なフィールドはバングラデシュ農村及び日本の農山漁村研究。専門は生活農(林漁)業論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。