プリミエ・コレクション<br> 存在論と宙吊りの教育学―ボルノウ教育学再考

個数:

プリミエ・コレクション
存在論と宙吊りの教育学―ボルノウ教育学再考

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月03日 17時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 526p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876982653
  • NDC分類 371.234
  • Cコード C3337

内容説明

ボルノウの教育理論をハイデガーの存在論の視座から批判的に検討し、有用性や価値に還元できない人間存在の奥行きに関わる新しい教育学の構築をめざす。

目次

第1部 ボルノウ教育学の再考―ハイデガー哲学との関係を軸に(有用性の尺度に規定された方法論―O.F.ボルノウ「教育学における人間学的な考察方法」再考;生の危機と生の成熟―O.F.ボルノウ「生と教育の非連続的な形式」再考;希望と不安の相互関連―O.F.ボルノウ「希望の哲学」再考;「住まうこと」と世界の奥行き―O.F.ボルノウ「新しい被護性」再考)
第2部 存在論と「宙吊り」の教育学―ボルノウ教育学の再興に向けて(存在の真理と転回の思索―M.ハイデガー「存在の問い」を解きほぐす;存在論に立脚した教育理論の来歴―「有用性と価値の教育」に対する問いかけ;「知の宙吊り」という方法―「存在の問い」を規定する探究方法の変遷;宙吊りの教育学の構想―ボルノウ教育学の再興に向けて)
O.F.ボルノウ『練習の精神』とメビウスの輪

著者等紹介

井谷信彦[イタニノブヒコ]
武庫川女子大学文学部教育学科講師。博士(教育学)。2011年京都大学大学院教育学研究科博士後期課程(臨床教育学講座)研究指導認定退学。同研究科助教などを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。