哲学するのになぜ哲学史を学ぶのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

哲学するのになぜ哲学史を学ぶのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月15日 08時26分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876982394
  • NDC分類 102
  • Cコード C1010

内容説明

哲学を学ぶのにどうして哲学史を学ぶのか?現在における問題を考えるだけではどうしてだめなのか?本書は、この素朴な疑問に正面から立ち向かい、哲学史を学ぶ意義を改めて考える。

目次

第1部 哲学史への問い(哲学史と教養―古典を読むこと;最近の二つの哲学史観―問題史と発展史について)
第2部 知にとって歴史とは(歴史と哲学;懐疑論についての歴史的考察―「ものごとを疑う」あるいは「知っている」ということ)
第3部 哲学の古典をどのように読むか(必然性と自由の問題―ライプニッツと共に考える;非物質論とはどのような考え方か―バークリ哲学から見出される多様な意義;超越論哲学の歴史的背景―カントとスピノザ主義)